住宅ローンの頭金はどれくらいがベストか

住宅ローンの頭金はどれくらいの額がベストでしょうか。
最近は頭金といっても全く必要としない住宅ローンもあるため、便利ですが、タダ便利だけでは後々返済の問題が起こり得るため気をつけたいところです。
一般的には住宅の価格のおよそ2割が相場になっています。
たとえば、3000万円で購入した住宅ならばおよそ600万円ぐらいを頭金にするということです。
この点、住宅ローンの頭金をもっと用意が出来るのでそれ以上の額を納めたいという人がいます。
もちろん額が大きければその分利息の支払いが減ることから、それでも問題ありません。
ですが、その結果があまり手元にお金を残さない状態だと、いざと言うときに困ります。
たとえば、車をぶつけて廃車にした場合、また新たに車を買うことになりますが、どうしても金銭的な面で足らないことになってしまい、結局車を諦めるか、他から借りて車を買い換える選択しかなくなります。
手元に残すお金は最低でも100万円以上300万円未満の家庭が多いです。
では、そもそもお金がなく、頭金が0の場合はどうでしょうか。
この場合には住宅ローンを借りることは可能ですが、いざと言うときのためにお金を残しておくのは前述の通りです。