マンション売却の税金の計算方法について

マンションを売却される際に、その税金がいくらかかるのかは計算方法がありますから、きちんと当てはめて計算するようにしましょう。
その際にまず必要になって来る情報はマンションを取得した金額です。
新築で購入した場合には、ローンや一括払いなどで支払った金額を、中古で購入した場合にも、その購入費用についてが取得費用になります。
そこから経費として差し引かれるのが、マンション売却に際して支払ったコストです。
仲介手数料や印紙代金になどの雑費用がこれにあたります。
この金額を差し引いてから、最後に出た数値が税金を収めるべき金額となります。
マンション売却の場合には控除もありますが、きちんと計算して納税をしなければ脱税として摘発されたり、追徴課税になってしまうこともありますから、マンジョン売却の税金はきちんと支払うことにしましょう。
支払った後には納税通知書が届くシステムなので、それをもって納税した証拠とすることができます。
マンション売却にはいろいろな手続きがありますが、税金の申告を終わらせれば後は面倒なことは全くありませんから、収入と支出をしっかりと計算して、マンション売却で売れた費用と、それに費やしたコストを計算しましょう。