住宅ローンは残り10年で繰上と借り換えのどちらが良い?

住宅ローンの話をしていると繰上返済や借り換えといった単語が良く目に付きますが、少しでも返済を軽くしたい、金利を減らしたいという人にとってはとても悩ましい問題です。
住宅ローンの返済が残り10年の場合は、特に金利の差額が気になるため、どちらに踏み出すかを簡単に決めることはできないでしょう。
はっきり言えば、残り10年では期間が微妙な位置にあるため、どちらを利用するにも状況次第となってしまいます。
現状で返済に無理がなく、ある程度まとまったお金があるのであれば、繰上返済を選ぶのが良いですし、返済が難しい、増改築などリフォームをする資金が欲しいといった場合は借り換えによって新たに融資を受ける方が良いとも言えます。
現在の金利と借り換えする先の金利に大きな開きがなければ、保証協会へ支払う費用や収入印紙代など諸々の手数料がかかってしまうため、お金を無駄に支払ってしまう可能性もあります。
35年の固定期間で返済をしている場合は20年前の金利と、現在の金利に多少の開きがある可能性はありますが、金利だけの問題であれば、現在契約している住宅ローンの担当者に金利引き下げの交渉をしてみるのもひとつの手でしょう。残り10年は微妙な年数となるため、決定するには様々な条件や情報を集めてから決めることが大切になります。