住宅ローンの計算に便利なローン電卓

住宅ローンの審査基準は金融機関によって異なり、公開もされていませんので、いくらまでなら借りられるか、事前に正確な数字を知ることは困難です。
年収に対する返済の割合、年収、物件価格に対する借入比率、物件の担保価値なども関係します。
借入限度額もさることながら、3000万円借りたら月々いくらの返済になるのか、想像もできない人が多いでしょう。
均等払いにしても、金利の計算をしなければなりませんので、電卓があれば簡単に算出できるというわけではありません。
金利が1%違えば数百万円変わってきますので、どれくらいの余裕をもたせておけば良いのかも分かりません。
まだマイホームの購入を検討している段階で、銀行に住宅ローンの相談のために足を運ぶのは躊躇われることもあるでしょう。
そんな時は、便利なローン電卓を利用すると良いでしょう。
ローン電卓とは、借入金額と金利、返済期間を入力するだけで、簡単に返済総額や月々の返済額を知ることができる便利なツールです。
インターネット上に無料で利用できるものが多数提供されていますので、予算決めの際に利用すると良いでしょう。
例えば3000万円の住宅ローンを金利2.5%、35年で返済する場合、返済総額は4500万円を超えます。