施工業者とのトラブルを回避する住宅ローンの事前審査

一戸建ての建築のように、依頼主が購入できない場合に、他に転売できないような物件の施工を行う場合で、住宅ローンが利用される場合、施工会社としては、住宅ローンの審査が通らなかったときには大きなダメージを受けるためトラブルに発展してしまいます。
依頼主は施工会社が安心して業務に取り組むことができるように、住宅ローンの事前審査を行うことができます。
事前審査には、大体3週間程度の期間がかかります。
事前審査においては、借入れから完済時の年齢、年収、働き先の信頼および勤続年数などの項目についてチェックが行われます。
長期の借入れになるため、健康状態など最後まで返済ができる状態かも非常に大切な項目になります。
これらの項目の審査のための必要書類として、健康保険証、身分証明書、源泉徴収表が上げられます。
また、勤続年数などについて申告する申込書も必要書類になります。
また、物件の担保の価値をはかるために、販売図面(建築計画図面)、物件住所の登記簿謄本なども必要書類になります。
事前審査に通ったにもかかわらず本審査に落ちるケースも少なからずあります。
多くの場合は、事前審査では分からなかった借入金の存在が分かったり、100%借入れという状況で金利などの環境が変わったりする場合です。
もしもに備え、多少の資金の備蓄を用意しておくこともトラブルの回避につながります。