マンション売却した際の確定申告書の書き方

自身が所有しているマンション売却を行った際、他の所得などにあわせて確定申告をする必要があります。
しかしその書き方についてはかなり複雑で、場合によっては税理士などに依頼する人も少なくありません。
そのため依頼するにせよしないにせよ、今後の参考にするためにもある程度自身で書き方について知っておくと良いでしょう。
マンション売却の際に利用する確定申告書は、給与所得者であってもAではなくBの申告書を利用します。
またそれに合わせて三表と呼ばれる分離所得申告用の書類を利用することになります。
というのもマンション売却などの譲渡所得は分離課税と呼ばれ、他の所得と分離して課税されるようになります。
そのため通常の所得と分けて計算するために三表を用いることになります。
この際それに合わせて譲渡所得の内訳書も作成しなければなりません。
これはマンション売却の際の価格や費用、売却した相手先などを詳しく知るためのもので、三表の内容を充足させるために必要です。
譲渡の際の特例などもこの内訳書に記載する必要があるため、忘れず申告時に作成し、添付しなければなりません。
一見難しそうに見えますが、実際は数字を当てはめていくだけで簡単に作製することができます。
確定申告書の書き方を事前に調べておき、自身で申告を行うのも一つの手です。